ゆうやの日記

和歌山市に住んでいる、ゆうやの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島のたび

屋久島の旅

2010年 7月28日

今日は朝早起き。

タクシーをよんで、フェリー乗り場へ。

img_1494.jpg

フェリーに乗った。

フェリーに乗るのは初めて。

うれしい。

はじめは何もしていなくてときどきフェリーから海を見た。

最初はフェリーが岸を離れても鹿児島の町は見えてました。

img_1507.jpg

最強の迫力だ。

それはぼくが立っている位置と海面まで高さがあったのと、すっごい波だったからです。

img_1517.jpg

img_1510.jpg

img_1506.jpg

始めはこんな感じにじかんを過ごしてた。フェリーにいるとだんだんひまになってきたので日記を書いてました。

「日記をだいぶ書いたから海を見てみるか」
と思って見ました。


するとどこのフェリーのまどからみてもうみしか見えません。
どこまでも海が広がっていて迫力満点!!

まどからみてもこんなに迫力があるのに窓の外だったらどんなに迫力があるだろうと思ってみたら

「うひゃーこりゃどうなっちゃうんだろう」と思いました。

今までフェリーから海を見た中で1番の迫力でした。


そうこうするうちに屋久島の宮之浦港に着きました。

友人が向かいに来てくれる予定だ。

ここで友人を待つ。

この間にクッキーやアーモンドを食べる。これは母がつくってくれたものだ。
これが昼食。



友人が来てくれて車に乗り家へ。

家はちょっと入った所で空気もめっちゃよく、静かだからおちついた。


屋久島のたび

屋久島の旅

2010年 7月27日

朝、車で和歌山駅へ。

キップを買い、電車に乗って大阪へ。

1じかんくらいで大阪に着きました。

そして、伊丹へ行くでんしゃをさがす。

いろんな人に聞いた。

みんな分かんなかった。

そして駅員さんに聞いた。

やっと分かった

荷物がすっごいおもいけどとにかく屋久島へいくんやからと思ってがんばった。

やっと電車に乗れた。

「ふう~。」

やがて伊丹に着いた。

ここでバスチケットを買いバスに乗り、伊丹空港へ。

空港着。

まずチェックインをする。

「竿は、ながさが越えているので預けてください。」
と言われた。

「どうせ少しの長さでだめなんだろう。」と思ってた。
そう思うとちょっとくやしい。

「なにが長さでだめなんだ。」とも思った。
竿は折れたりしたくないから本当は自分で持ちたかった。

ウクレレも長さが原因であずけられそうになった。

だけど、あるシールをはればだいじょうぶといってくれた。
この時はうれしかった。

だけどシールといっていたのはシールじゃなかった。

円い輪のようなものだった。


ちょっとこんらん。

こんなかんじでなんやかんやいそがしかった。



さて、飛行機は13時50分発でそれまで少し休んだ。


13時40分くらいに飛行機に入った。

少ししてりりくした。
りりくする時飛行機が地面からはなれて行くのが分かった。

少したってまどからけしきをみた。

とかいの大阪がきれいにみえた。

鹿児島へ行くのだ。

けっこう休めた。

だけどあっという間に着いた感じがした。

「ひこうきってはやいなぁ。」と思った。

そしてバスに乗り、鹿児島中央駅へ。

ここから宿まで歩く。

「しんどー。」

宿に着くのは「今か、今か、今か。」と思っていた。
荷物がめっちゃ重いからだ。
時々休憩を取る。

「駅から宿まではめっちゃちかいのに・・・・。」

ついた!

「ふぅ~~~。」

休憩。



「夕食はどこにしようか」


ガイドブックを見ながらなやんでた。

なやんでいると宿の人があるオススメのラーメンやをおしえてくれたのでラーメン屋に向かって歩く。

向かったラーメン屋はしまっていた。

「なんだ。」と思った。

ひきかえした。

ラーメン屋は他にもあったがやめた。

なぜかというと、「明日は、屋久島へ行くのだから、もしラーメン屋で、はずして、調子悪かったらやだなぁ。」と思ったからだ。

途中、野菜やおそうざいなどを売っている店があり、そこに入り、食べたいものを買った。

この、野菜やおそうざいなどを売っている店で買ったのは、カフェオレ、黒ゴマのアイス、あげ、納豆、ところてん、きゅうり、モロヘイヤ、明日の朝ようのバナナ、などを買った。

これを宿にもって帰り、宿で食べた。

なんか不思議な感じ。

でもめっちゃおいしかった。
さいこうだ。

その後ある店に入り、父はその店でおとおしを食べたけど父は「あま。」と言って残してた。砂糖が入ってるからだ。父は他におさけをたのんでた。

ぼくは何も食べなかった。それはさっきのおいしいご飯でしめたかったということと、父の「あま。」というのを聞いたことで食べないほうが良いなと思ったし、おなかもいっぱいだったからだ。

その後散歩した。
鹿児島は思ったよりもすごいとかいだった。

img_1459.jpg

いそがしかったり重かったりしたけど、なにしろ夕食がおいしかったから満足した。

img_1442.jpg



laos&thailand旅行

2010年 3月18日

朝起きて、車が、宿のまえにきてくれた。
この車は、ぞうに乗れる所までいく車だ。

これに乗って象乗り体験ができる所へ。

ついたらたくさんの象がいた!

こんな所を生で見るのは初めてだ。

近ずくととても迫力がありびっくり。

img_9177.jpg

img_9054.jpg

img_9050.jpg

象の上には、人がすわるいすがあった。

さっそく象に乗った。

最初は象の上のいすにすわる。

1人、象に指令を出す人が乗る。


この人は象の頭らへんの所に生で乗る。


象は、「この、乗っている人は、おとしちゃいけない」
とちゃんと分かっていてしんちょうに歩いてくれている。

それでも最初は、何回か、ころげおちそうになった。

img_9081.jpg

象乗りようの象はめすだ。

おすは言うことをきかないらしい。


だんだんなれてくる。


とても楽しくなってきた。


やがて、象が川に入る。

img_9086.jpg

この時ぼくは他の象がうんちをした所を見た。

すごいうんちの仕方だ。

いっぺんにおおきなうんちを勢いよく出す。

けっこうおどろいた。


途中、象に指令を出す人と、父が交代。
ということは父は生で、象に乗るということだ。


父はとてもたのしそうだ。


ゆうやはまだ、10歳だから生で乗ったらだめかと思っていた。

だけど、象に指令を出す人が「かわってもいいよ」と言ってくれた。

ということはぼくが象に生で乗れるということだ。

ぼくが象に乗れたときは、心のなかで「やった。この10歳のぼくが生で象に乗れた!」とさけんだ。

像に乗るのも、象にちょくせつさわるのも初めて。

象の頭にはがっちりとしたけがはえている。
これにもおどろいた。

生で乗ってると、ぞうのいすのうえにのっているときよりもさらに、楽しかった。


やがて、象が川から上がり、ふつうの道に出る。

ちょうどその時、バイクのエンジンの音がきこえて、象がおこりはじめ、動きもあらあらしくなった。

どうやら象は、エンジンの音がすごくきらいならしい。

鼻から息を地面におもいっきりふきつけて、すなぼこりがたって、いかりくるってたいへんだった。


ぼくは、とても長い時間象に生でも乗れてよかった。

img_9183.jpg

img_9170.jpg

img_9158.jpg





ありがとう。象さん。こんなに地球をよごしている「人間」を乗せてくれて。
いままで象は6000万年前から生きてきてる。それなのに人間が地球をよごしてしまったからあと、だいたい50年ぐらいで絶滅とよそうされている。

6000万年も前から生きてきたのに人間のせいで・・・・・・・・。

地球をよごしてしまってごめんね。





昼はレストランに入って食べた。

・スティームライス
・いろんな野菜が入ってるサラダ
・じゃがいもと、肉のココナッツスープ
・スパイスのきいた野菜サラダ
を食べました。


今日は象乗りたのしかったな。

img_9220.jpg

img_9200.jpg





laos&thailand旅行

2010年 3月17日

朝起きて、パパイヤを3人で食べる。
おいしい。

そして、ピライラックビラという宿の部屋を見せてもらった。

ラオスでは、象のりができる。
ぼくは象に乗ってみたかった。

なので、象のりツアーのよやくをした。

その後、朝市へ。
そして、スティッキーライス(ラオスのお米)を買い、宿に帰り、宿で食べる。

「おいしい!」

パパイヤとマンゴーも食前に食べる。
これもおいしい。

その後、王宮博物館に行った。
ここはとてもごうかで、壁にこまかいもようがならんでたりしていて、いかにも王様が住んでいたような建物だった。

他には、いろんな国からのおくりものもありました。
たとえば、インドからのおくりものだと、石か、木か、何かをうまくほってあるものがおくられて来てたり、日本だったら、日本のとくいな、しっきのようなものがおくられてきていました。
他の国からも、おくられてきています。

贈り物以外にも、いろいろかざってありました。

その後、プーシーの丘という、所へ。

この丘は山の上にある。

丘までは、階段で登っていく。

しかもこの階段、約300段!

がんばってのぼる。

着いた。

「ふう~」
のぼって少しつかれたが丘からのきれいな景色を見ることができてまた元気がでてきた。しかもゆうひもむっちゃきれい。

とてもきもちよかった。

ちょっと休憩。

そして、コップノイと言う店へ。
ここは、いろんなものが売ってる店。

その後、屋台でライスを買い、宿に帰って宿で食べる。

寝る。

laos&thailand旅行

2010年 3月16日

朝起きて、3人でパパイヤを1個。

甘みがあり、パパイヤの色はオレンジだ。
おいしくて、まんぞくした。

ごぜんは、ワット・マイというお寺に行く。

img_8659.jpg

img_8732.jpg

img_8727.jpg

ワット・マイに着くと、仏像がいっぱいあり、
おぼうさんはみな、オレンジ色の服を、着ていた。

img_8726.jpg

仏像は、とても、はくりょくがあった。

昼食は、サンドイッチ。

これも、昨日と同じ人から買ったので、おいしかった。

午後は、らはという店へ行きました。
ここは服や、マフラーなどのものが売っていました。

この店の他にも、いろいろな店を歩いてまわりました。

img_8672.jpg

img_8713.jpg

夜は、タマリンドと言う店で、ヌードルをたのんだ。
食前にジュースもたのんだ。

ヌードルもジュースも、けっこうおいしかったです。(^^






«  | HOME |  »

プロフィール

yuya7

Author:yuya7
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
旅 (37)
植物 (1)
店 (3)
空 (1)
釣り (4)
魚 生態 (7)
自然 (1)
市場 (0)
屋久島の旅 (2)
音楽 (1)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。